顕微授精(ICSL)とは

顕微授精について、ご紹介いたします。
 
 

1顕微授精とは
1992年から始まったもので、卵細胞質内精子注入法(ICSL)といって、顕微鏡で精子を観察しながら、注射針を用いて精子を卵子に直接注入します。

体外受精では、卵管に異常があった場合に非常に有効な手段でしたが、

男性が原因での不妊治療、精子の数が極端に少ない場合、また精子の奇形率が高い場合には、妊娠するのは困難でした。

ですが、この顕微授精であれば、理論的にいっても、1つだけでも精子があれば、受精することが可能です。

今まであきらめるしかなかった方々にとっても期待できる治療です。
 
 

2問題点
体外受精と同じように多胎になる確率が高く、肉体的な負担、経済的な負担も大きいことが挙げられます。
 

通常の妊娠では、女性の体内に放出される精子の量は4000万~3億ほどあります。

そのうちの一番優秀なものだけが卵子と受精できるますが、顕微授精の場合、人によって採取された1個の精子と卵子とを受精させるため、通常妊娠のような自然淘汰のメカニズムがありません。
 
また、産まれてきた赤ちゃんが男の子の場合、男性不妊の形質を受け継ぐ可能性が高いのでは、と言われています。
 
その他、流産や早産、子宮内胎児死亡、胎盤早期剥離などの異常も多くなります。
 
 

Top